光が丘マラソンダイエット部

東京都練馬区光が丘公園でのマラソンダイエット実録記

NIKEのサブ3.5界隈シューズ5種類のレビューまとめ2019

最近ナイキシューズばっかり物色してすっかりアシックスから離れてしまっている今日このごろ。

同じナイキNIKEのシューズでもまったく履き心地や用途が違ってくるので選ぶ時間が楽しいです。

2019年リリースの5種類のNIKEシューズのレビューまとめです。

ヴェイパーフライネクストはさすがに流通量が多くなってきたからか即完売ではありませんでしたね。。

ヴェイパーフライネクスト%レビュー

ヴェイパーフライネクスト%レビュー

サブ4からサブ3.5、サブ3を目指す方向けのシューズに絞ってレビューしています。

 

コスパ重視ならイチオシ!ペガサス36

走り込みにガッツリ使っています。LSDからペース走までカバー。

ikedayoshinori.com

 雑誌クリールによると2018年の福岡国際マラソンで久しぶりに日本人選手として優勝した服部勇馬選手も練習時に履いているらしいです。

サブ4やサブ3.5を目指す方におすすめのシューズの1つです。

トラック連で活躍中のストリーク7

ストリーク7陸上経験がない私にはちょっと履き心地がかたく接地の衝撃がきつめかなと感じますが、カーボンプレートシューズと違ってスピードを自分の足でコントロールできていい練習ができているのを実感できます。

ストリーク6より若干ワイドな作りになっているので足幅4Eの私としては助かります。

長くて10,000mくらいまでの練習に使用しています。

 

ikedayoshinori.com

 

過去最重量?ズームフライ3

メタボジョガー的にはありがたいクッション厚めのリアクトフォームを採用しているズームフライ3。前作より確実に重みが増してて膝への負担が減ってます。

みんながみんな軽量化を求めているわけではないですし歓迎すべき変更点かなと。

リカバリジョグによく使ってます。

ikedayoshinori.com

 

サブ3ランナーが練習に使っている率が高いペガサスターボ2

前作からそこまで大きな変更点は見られないもののズームXのぐにゃっとした接地感が衝撃吸収してくれてロング走をしたあと疲労回復するまでの期間が短いように感じます。

カーボンプレートシューズがどうしても合わないという方でこれを本番用に使っている方も一定数いらっしゃいますね。

ikedayoshinori.com

 

通気性アップ,耐用距離600kmに強化!ヴェイパーフライネクスト%

ものすごく期待していた割に個人的に若干肩透かし感があるヴェイパーフライネクスト%。おそらくサブ2.5くらいのエリートランナーさんなら効果を実感できるのかもしれません。

私だけかもしれませんが靴紐をどんなに工夫して結んでも隙間があいてしまい足首がぶれてくるのがどうしても気になります。

フライニットヴェイパーフライのほうがあっているようです。

 

アッパーのビニールエコバックのような素材でできているヴェイパーウィーブは水分をはじくというのがセールスポイントのようですが、トライアスロンのランパートではスイムのあとなので確かにフライニットの弱点であるシューズが重くなるのを実感しましたがそれ以外では困ったりタイムに直接影響したことがないので。。

 

これまでフルマラソン4回分くらいしか耐用距離が持たなかったものが600kmまで強化されて長く使えるようになったのは市民ランナーとしてはありがたいことですね。

ikedayoshinori.com